不動産で賢く物件探し|居抜き物件で低コスト短工期がデキル

賃貸事務所の在り方

賃貸事務所の歴史について

今では当たり前のように賃貸事務所があります。インターネットで調べてみても賃貸事務所の物件を取り扱う業者の数もかなり多く比較的手軽に物件を借りられる時代になっているようです。しかし昔から賃貸事務所の存在が多くの人に知られていたわけではないようです。1970年代ごろに銀座や新宿などで机やロッカーなどを貸し出す貸机業というサービスがありましたが怪しい会社が利用することが多くイメージは良くありませんでした。1980年代になると現在のようなビルの一室をオフィスとして貸し出すサービスが出てきましたが、まだそれほど広くは認知されていなかったようです。やがて2000年代に入るとITブームが起こり、新しいビジネス形態が生み出される中で賃貸事務所の存在が大きくなったようです。

供給する側の競争が激しくなってきています

現在では賃貸事務所を利用して事業を行う事業者の数は増えてきました。今では当たり前のような存在になった賃貸事務所です。広く知られてくるようになると空き部屋対策としてオフィスを貸し出す業者や管理する不動産会社の数も増えてきました。このように賃貸事務所の供給が増えてくると、借りる側としては事業者の規模やオフィス形態や事業目的などによって物件を選べるようになってきました。このように借りる側のニーズが多様化する中で、貸し手側の競争も激しくなってきています。単に部屋を貸し出すだけではビジネスとして成り立たなくなってきているようです。そのため借り手側のニーズに答えられるサービスが求められてくる時代になってきたようです。